高血圧 ツボ

酒は百薬の長といいますが、過ぎた飲酒は高血圧の原因となります

「酒は百薬の長」といわれ、適度な飲酒はストレスの解消や食欲の増進・血行の促進など健康にとってむしろ良いのではないかと考えている人が多いと思われます。では、適度な量というのはどのくらいのことを言うのでしょう。

外国の映画などで時々見かける「ナイトキャップ」といわれる「寝酒」があります。寝る前にアルコール度数の比較的高いウイスキーやブランディなどを小さなコップで一気に飲んで寝るというやり方です。

アルコールは気分を落ち着かせる効果がありますから、寝付きはスムーズでぐっすり眠れるでしょう。しかし、それも長時間というワケにはいきません。数時間でアルコールの効果は薄れ、尿意や喉の渇きで目が覚めてしまいます。これが習慣化してしまうと摂取量が増加する。飲酒しないと眠れない。眠れないと量を増やす。といった悪循環が始まり、体を壊したり中毒になったりしてしまいます。

つまりアルコールによる睡眠は質が悪く、飲酒自体が習慣化されると様々な病気につながるリスクを抱えるということになります。

飲酒により一時的に血管が拡張することで血圧が下がります。しかしこれはあくまでも一時的で、継続して飲酒を続けると血圧は上昇を開始します。これは継続して飲酒をした場合に血圧を上昇させるホルモンを分泌するようになることによります。習慣化してしまうと恐ろしいのはこれです。それに加えて飲酒により通常の食事ではなく味の濃い「おつまみ」を食べることで適正な塩分をはるかに上回る量を知らず知らずにうちに摂取してしまうことになるのです。

塩分を過剰摂取すると血液の浸透圧を維持するために血液中の水分を増加させます。身体全体の血液量増加することで血管に負担をかけ、特に細い末梢血管などでは異常な圧力をかけることとなります。これが高血圧につながるのです。

適度な飲酒を心がけると動脈硬化の進行を遅らせたり心筋梗塞・脳梗塞の予防をしたりと立派な「百薬の長」たる効能もあります。

つい調子に乗って過ごしてしまいがちな「お酒」ですが、健康に害のない適量を守って楽しく飲みたいものです。

高血圧だけではない半日断食の効果

「半日断食」という言葉を聞いたことがありますか?よくあるダイエットの一つとして話題になっているものであることに間違いはありませんが、りんごやバナナのダイエットと違い人間の持つ自然治癒の能力を引き出すことにその目的があります。

人間は食べて消化吸収し排泄に至るまでおよそ18時間必要です。一回の食事でこれですから、朝昼晩の三食をきちんと摂れば内蔵は休む暇なく働き続けることになります。断食の目的はこの内蔵に休息と回復の時間を与えることにあるというのです。

この休憩時間に体内で何が起こるというのでしょう。断食により消化吸収するものがなくなると体内にある脂肪や血中コレステロールなどのエネルギーとなる物質を消費していくようになります。

特に高血圧の場合には硬く、細まった末端の血管もアテロームや血中コレステロールなどの動脈硬化症の原因となっていた物質を消費し、減らすことで血管自体を修復させていくことにより血圧が安定していくとも言われています。断食のあいだは水分をたくさん摂ることで体内の老廃物も排出するデトックス効果も期待できるのでダイエットと思われても仕方ないんでしょう。加えて断食によって塩分の摂取も抑えられますから血圧は下がって当たり前なのかもしれません。

断食は食べない健康法とも言える治療の一つとも言えるだろう。昔から健康を維持するためには「腹八分目」といわれている。常に満腹状態では免疫力が低下し外からの菌に対抗できない。わかりやすく言うと満腹状態のライオンはテリトリー外から侵入してきたシマウマを腹一杯だから襲わないので自分のテリトリー内で何をしていても気にしないが、空腹状態であれば即座に狩りを開始する。ライオンが白血球などの体内から異物の排除、腫瘍細胞や役目の終わった細胞を排除する役割の細胞で、シマウマが体内に侵入しようとする細菌・ウイルスと考えると考えやすい。

この免疫力を高めることができれば高血圧だけでなく心臓・循環機能の回復促進や悪性腫瘍に対抗することも可能であろう。

海外には多数存在するが、日本では断食を治療として取り入れているところは皆無に等しいようです。専門知識のある専門家のもとで断食を行うと効果があるでしょうが、ただの思いつきで断食を行っても治療効果を望むことは難しいかもしれませんし、逆効果となることも考えられます。

また、全ての人や病気に効果があるかというとそんなことはありませんし、病気の種類によっては断食を行うことができない場合もあります。

断食にも様々なやり方が存在します。自分にあった断食を専門家と事前に相談し、適切な指導のもとで行うのが肝心です。

肥満は万病のもと、高血圧と肥満の関係性

私たちの身体は年を重ねるにつれ筋肉量が減り、骨ももろくなっていきます。つまり自分の身体を支えることも辛くなってくるのです。そこに肥満が加わると関節などに大きな負担がかかり腰痛や膝痛を起こします。何もないところで転倒し、骨折するリスクも大きくなります。

肥満であることは様々な生活習慣病を発症する確率を高めるということは誰もが知っているでしょう。生活習慣病である高血圧も当然肥満が起因になって発症する率が高いといえます。

肥満にも種類があります。女性に多く見られる皮下脂肪(洋ナシ型)と男性に多く見られる内臓脂肪(リンゴ型)の二つに分けられます。

このうち内臓脂肪型肥満こそが生活習慣病にもっとも影響を及ぼします。内臓脂肪型肥満は食べ過ぎ飲みすぎや運動不足が大きな原因です。摂取と消費のバランスが崩れるので脂肪がお腹に蓄積されていくのです。

これには生活習慣を改善するしか方法がありません。食べ過ぎをしないように注意するだけでなく脂肪分を摂り過ぎないようにすることも必要です。牛肉が好きでも三回に1回は鶏肉に変えるとか脂身が好きでも赤身にするとか、肉を魚に変えてみるとかの工夫も必要になります。

また運動不足の解消には無理なことを考えず、通勤の際バス停一つ分歩くとか昼休みに15分程度でも歩くとか出来れば一日に合計一時間程度歩くことを継続することが良いでしょう。内臓脂肪は溜まりやすいのですが燃焼もしやすい性質ですので無理のない程度の運動を続けることで大きく改善できると言われています。

ナトリウムの摂り過ぎは高血圧の原因のNo.1

高血圧の主な原因のひとつは塩分の摂りすぎと言われています。なぜ塩分を摂取しすぎると血圧が上がるのでしょう?

人間の細胞内には「カリウム」があり、細胞の外に「ナトリウム」があります。どちらもミネラルですので人間の体を維持するうえで非常に重要な要素です。ナトリウムは細胞の内と外の体液のバランスをとるために必要なミネラルであり、カリウムは生命活動を維持するうえで重要な成分です。カリウムが不足すると筋肉の動きが悪くなります。心臓も筋肉の塊ですから、カリウムの重要性は認識いただけるでしょう。カリウムもナトリウムと連携して体液のバランスをとっています。

食事などで必要以上の塩分を摂取すると細胞の外にいなければならないナトリウムが細胞内に入ってきます。バランスが崩れるわけです。そこでカリウムがナトリウムと位置を入れ替わる作用を行いバランスを調整するのです。このバランス調整機能を「ナトリウムポンプ」というそうです。

順調にナトリウムポンプが働く場合は余分な塩分は腎臓などから排出されますが、高血圧の遺伝ファクターを持つ場合などはこの機能に障害を起こし塩分の排出が思うようにできません。すると腎機能を補助するホルモンが分泌され、塩分の排出を助けます。

このホルモンはナトリウムポンプの働きを阻害してしまうので今度はカリウムの代わりにカルシウムを入れ替えするようになります。カルシウムは筋肉を収縮させる性質を持っていますので、血管内の筋肉繊維を収縮させることによって血管自体を細くしてしまい抵抗を増やすこととなり圧力が上がるという結果となります。

塩分を取りすぎると高血圧になるというメカニズムです。塩分を控えれば、カリウムを補給してやれば・・・解決できる点がありますよね。塩分が足りないのにも問題はありますが、普通に食事をしていればむしろ過剰摂取となっているのが普通でしょう。高血圧を意識した食事を心がけてみればどうでしょう。自分の身体を大切に扱うと長生きできますよ。

ヨーグルトを食べて腸内環境だけでなく高血圧にも効果テキメン

ヨーグルトの歴史は非常に古く、紀元前8000年頃のメソポタミアといわれています。東地中海やバルカン半島、中央アジアで初めて家畜としての羊を飼い始めた頃に既にヨーグルトの原型となるモノが生まれたといいます。ほんの些細なキッカケから生まれたのでしょう。多分残っていた羊の乳が偶然自然発酵してできたのでしょう。古代の人たちはこれを乳の保存に有効な手段として発展させていったのでしょう。その土地土地で独自の乳製品が生まれていったのです。

日本では奈良時代にバターの原型とも言える「酪」や「酥」などが一部の貴族の間で食べられたと言いますが、日本のヨーグルトの歴史は明治時代まで発展することはありませんでした。

明治時代に乳牛が輸入・飼育されることになりようやく牛乳が世の広まったことから乳製品が姿を現し始めるのです。明治27年に売れ残った牛乳を発酵させた「凝乳」といわれ、整腸剤として売られたのが国産ヨーグルトの第一号でしょう。

ヨーグルトには免疫力を高める効果がある天然の抗菌物質であることはご存知でしょう。美容効果だけではないのです。

「コレステロールを防ぎ」「腸内環境を整え」「カリウムを豊富に含む」食品であるのです。

カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する作用があります。高血圧の主たる原因の一つが塩分の過剰摂取です。ナトリウムが血液中の濃度を上げることで、それを薄めようとして身体の中の水分を血液に吸収させていきます。すると血液量が増え、血圧を上昇させてしまうのです。ですからカリウムを手軽に摂取出来るヨーグルトはその発祥の国ブルガリアでは「弱い薬」として認識されており一日3回薬のようにヨーグルトを食べるように医者から指導されるそうです。

ブルガリア人は日本人の約7倍ものヨーグルトを消費しています。一時「不老長寿の国」とも呼ばれていましたが、この影響だったのかもしれません。高血圧の緩和、健康の維持と長寿のためにヨーグルトを食べることをおすすめします。

霧がかかったように見えるのは高血圧による網膜症の可能性あり

高血圧と因果関係が深い「動脈硬化」はコレステロールなどの血中の脂質が血管に溜まり酸素や栄養が行き渡らず、高血圧でいつも血管に負担がかかることにより血管自体の弾力性や柔軟性を失い、硬く・もろくなってしまうことをいいます。血管のことですので全身に影響を及ぼします。

高血圧から動脈硬化を引き起こすと網膜の血管にも影響が見られるようになります。網膜の血管は人間の体の中で唯一直接見られますので、その変化は非常にわかりやすいのです。

この場合においてもなかなか自覚症状は出てきません。急激に血圧が変化するなどして出血などが起こると視力低下などの症状が起こりますが、そうでない場合は症状が現れることは稀なことなのです。

高血圧網膜症は眼底検査や眼底写真などで網膜の様子を観察することにより診断されるのが普通です。網膜への影響がそれほど進行していない場合は目の前に霧がかかったように見える「霧視」程度で済むのですが、進行すると網膜浮腫や網膜剥離といった視力を極めて著しく低下させることになってしまうのです。

これらは元々の原因となっている高血圧や動脈硬化を治療することでしか治療できません。高血圧は塩分の過剰摂取が大きな原因の一つと考えられています。インスタント食品や漬物などは塩分が多く、味噌や醤油の使いすぎは過剰摂取になりがちです。料理は薄味にするなどの工夫が必要になってきます。塩分を体外に排出する作用があるカリウムは新鮮な生野菜やフルーツなどに多く含まれています。熱を加えると減少したり、果物は糖分も多いので食べ過ぎると逆効果になることもあるので注意が必要です。

生活習慣を改善するというのはこれらを改善することになります。手始めに禁煙、アルコールの適正量の摂取、散歩などの軽い運動など出来ることから始めることでしょう。

「高血圧に効果的な食事」「高血圧にならないような生活習慣」にするだけで重篤な疾患の予防になるだけではありません。
肥満の対策にも効果があり、一石二鳥なんです。血液中のコレステロールや中性脂肪が適正になることでサラサラの血液になり心臓や網膜、脳などの動脈硬化の予防になり、運動することでインスリンの働きを改善するので、糖尿病の予防にもなります。

眼科にばかり頼るのではなく、健康的な生活習慣を身に付けることで網膜症を改善していきましょう。

総合栄養食といわれるバナナはカリウム豊富で高い血圧を下げます

熱帯や亜熱帯で栽培されるバナナは「生食用」と「料理用」に大別できます。我々日本人が食べているバナナは現在ほとんどがフィリピン産ですが、台湾や南米からも輸入されています。

バナナは炭水化物が多く、消化が良い上にブドウ糖・ショ糖・果糖を多く含むので、エネルギーを即効でまた持続性も持ち合わせる総合栄養食といえます。またカリウムを多く含むので高血圧の緩和に役立ちます。

他にもカリウムを含む果物はたくさんありますが、一年中出廻っている上に価格が安く安定していますので無理なく年中手に入れやすいバナナは継続して摂取できるお手軽な栄養源と言えます。

生姜の仲間であるバナナは食物繊維が豊富で一本約200gでカロリーは100Kcal加えてカリウム700mg以上含まれます。カリウムを一日400mg増やすことで脳卒中や脳梗塞の発症リスクを大きく押さえ込むことができるのです。高血圧の主たる原因であるナトリウムをカリウムが排出させますので高血圧を抑えることで脳卒中や脳梗塞を予防できるという良い循環となるわけです。

外部からの細菌やウイルスから身体を防御しているのが白血球です。白血球を活性化させれば免疫力を向上することができます。バナナは白血球を増やすだけでなく外敵への攻撃力もアップさせます。

良いことばかりのバナナですので、薬に頼るのではなく市販の菓子類を食べる代わりにバナナに置き換えると健康回復ばかりでなく高血圧などの治療薬を摂取することと同じ効果を得ることができるのです。

食べすぎは過剰摂取になりますので注意が必要です。一日一本のバナナで健康を取り戻せるなら実践しても損はありませんよ。

高血圧の緩和のため血液量を減らし血管への負担を減らすのに利尿剤

日本では3人に一人が血圧が高いと言われています。全く自覚のない軽症の人が多いのですが「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧はジワジワと健康を害していき、自覚症状が出るときには他の重大な疾患と併発しており手遅れとなることも少なくない非常に厄介な病気です。

動脈硬化の危険因子であり、自覚症状のないまま心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となってしまうのです。それだけでなく心臓・腎臓などの機能を阻害し、特に腎臓機能に障害が起きると高血圧は更に悪化するという悪循環となりますので早い手立てが必要となります。

値段が安く効果の高い「利尿剤」が高血圧に有効な場合があります。

「サイアザイド系」は体内のナトリウムを減らすという特徴があります。血液を糸球体で濾過し、必要な水分や塩分、カリウムなどを再度血液に吸収させます。サイアザイド系利尿剤はこの再吸収する作用を抑制してくれるのです。短い服用期間であっても血液量の減少に効果がありますが、腎臓の機能障害があると目立った効果が出ません。

「ループ利尿薬」は腎臓にナトリウムが再吸収される作用を抑え、かつ利尿効果も強い利尿剤ですが、血圧を下げる効果が若干弱いと言われています。しかし腎臓機能に障害があっても効果が高いので腎機能の低下した高血圧患者にはこのタイプを使用することが多い。

「カリウム保持性利尿薬」は糸球体で濾過された原尿がヘレンループとよばれる尿細管を通って糸球体付近まで戻るのですが、その途中にある遠位尿細管でナトリウムを排出するのだが、カリウムは保持するという特徴を持つ。ナトリウムを排出することで血圧を下げるということです。

それぞれに特徴があるため、症状に合わせての利用、または併用しての利用を行い症状の緩和を目指すのです。

血圧は上が高いのを問題にしがちだが下が高いのも怖い

血圧が高いという場合、大抵「上」の数値をいいます。そもそも血圧を計測すると二種類の数値が出てきますが、この数値は何を表しているかご存知でしょうか?

知っているのは高い方の数値が130とか140とかを超えると要注意であるということくらいではないでしょうか。そもそもこの数値の単位は何か知っていますか?知ってるようで結構知らないのが血圧ではないでしょうか。

血圧の「上」「下」は心臓が血液を送る際の「収縮」の最大値が「上」、「膨張」の最大値が「下」の数値になります。

「下が高い」ということは、心臓が血液を送り出しを完了し、心臓に血液を戻すために膨らむ際、心臓が圧力をかけていないのに血管が受ける圧が高い状態をいいます。心臓が血液を送っていない状態であるにもかかわらず数値が高いということは、どこかで「詰まり」が起こっていると考えなければいけないということです。

つまり「下が高い」のは「上が高い」より重症と思った方が良いのです。一昔かふた昔前は検診に行っても「上」160が一つの目安となる数値でした。それが死亡率の高かった脳卒中の予防として数値を引き下げ、その効果を上げているのです。ところが「下」の数値は90mmHgを超えると危険域といえます。これは昔から変わりがないのです。「上」の数値が140前後の数値でも「下」が90を超えているということは血液ドロドロが進行し、末梢血管などでは血行が悪くなり手足がいつも冷たいなどの症状があらわれ、見えない脳の中では詰まりによって血栓が作られている可能性も考えられるという状態になっているのです。

「上」の数値が安全域であっても「下」の数値が高いと感じたら、生活習慣を改善しましょう。血管の詰まりの原因となるこれストロールや中性脂肪を溜めないような食品の摂取、散歩などの軽い無理のない運動などを継続して続けることが数値を下げる第一歩です。

血圧の単位は「mmHg」で、医療の現場ではミリエイチジーということが多いようです。動脈に負荷する圧力が、水銀をどれだけ押し上げることができるかを表したものです。水銀は常温常圧で最も重い液体です。水と比べると13.6倍もの重さです。高い圧力を計測するのにコンパクトにできることが水銀を使うメリットでしょう。

水銀がなく、水で血圧を計る装置だとどうなるでしょう?「上」が140としたら140×13.6=1904mmとなります。高血圧の人の血圧を計るには2メートル以上の装置を持って歩かないといけないということとなります。大変ですよね。血管はそんな高い圧力を常にかけられているということにもなりますよね。出来るだけダメージを小さくしたくなりましたか?生活習慣の改善で血管を守ることができます。

血管の若返りが出来ます!高血圧の予防にはたまねぎです

昔から「たまねぎ」は血をサラサラにするといわれ健康に良い食材の一つとして認識されています。

それだけでなく、ガンなどの生活習慣病を防ぐ成分が豊富に含まれているのです。抗酸化作用があるグルタチオン酸やポリフェノールの一種である「ケルセチン」を多く含んでいるからです。

若い頃にはしなやかで弾力に富んだ血管も高血圧や加齢によって柔らかさを失い、硬化し、もろくなっていきます。高血圧がトリガーとなる動脈硬化や脳卒中、心臓疾患などもこれが原因と言っても良いくらいです。

この硬化し、もろくなった血管をどうすれば弾力のあるしなやかな若い頃のような血管に戻すことができるのか、玉ねぎを摂取すればいいのです。

たまねぎに含まれる「ケルセチン」が血管の最も内側にある血管内皮細胞を正常な状態に戻してくれるのです。血管内皮細胞が硬化すると血管本体が収縮し弾力を失います。動脈硬化です。抗酸化作用の強いケルセチンは血管を老化させる活性酸素を攻撃し除去、血管内皮細胞を正常な状態にし、血管が柔軟になることで血流もスムーズになります。若かりし時と同じ血管を取り戻すことができるのです。

たまねぎは生で食べるのが良いと言われますが、ケルセチンは熱にも安定しているので炒めたり揚たりしても問題ありません。和食に限らず洋食・中華料理にも合いますので毎日でも食べることが可能ですよね。

抗酸化作用が強力なケルセチンは、自然治癒力を高める効果もあり、ガンの発症時に起こる遺伝子障害に対して強い抑制作用を持っているため、正常細胞がガンに変異するのを妨害してくれるなどの効果も認められているのです。

ただ、継続して食べ続けることが条件となります。摂取を止めると効果も無くなります。一日一個の玉ねぎを食べなければならないということではなく、一日おき二日おきなど無理のない程度に継続することが大切です。

1 2 3 4 >